© 2017 by Beat One Inc. | プライバシーポリシー

アプローチ通信講座 利用規約

第1章 総則
 

第1条(規約の適用)
株式会社ビートワン(以下「当社」)は、アプローチ通信講座利用規約(以下「本規約」)を定め、 これに基づき通信講座サービス(以下「本サービス」)を提供する。当社と本サービスの提供を受ける者との間に締結される契約は、以下の条項によるものとする。

 

第2条(規約の変更)
当社は本サービスに会員登録を行った者(以下「利用者」)の同意を得ることなく、 本利用規約を変更することがある。この場合、本サービスの提供は変更後の本規約による。

第3条(利用者に対する通知)
本規約の変更、本サービスに関する事項その他の重要事項等の利用者に対する通知は、当社の判断により、以下のいずれかの方法で行うことができる。

(1)利用者が利用申し込みの際に届け出た利用者の電子メール宛への電子メールの送信をもって行う。この場合は、当社が利用者への上記メール送信をしたときをもって、利用者に対する通知が完了したものとみなす。
(2)その他、当社が適切であると判断する方法で行う。この場合は、当該通知の中で当社が指定した時をもって当該通知が完了したものとみなす。

第2章 通信講座サービス
 

第4条(サービス内容)
通信講座サービスでは、当社は利用者より送信されたナレーション音声ファイルについて講評を行い、講評シートおよび参考資料としての音声ファイルを利用者に送付する。料金・時期等に関しては別途規定するとおりとする。

 

第5条(本サービスの利用)
通信講座サービスは、当社に対して会員登録を行い、契約を締結した場合にかぎり、本サービスを利用することができる。

第3章 契約
 

第6条(利用申し込みの方法)
本サービスの利用の申し込みをする場合は、当社のウェブサイト上において申込フォームに必要事項を記入し送信したときをもって、当社は申込を承諾する。

 

第7条(契約解約)
本サービス登録解除については、別途案内する連絡手段をもって行う。

第8条(利用の一時中断、終了等)
1.当社は、次に挙げるいずれかの事由が生じた場合、利用者に対して事前または緊急の場合は事後に通知を行い、本サービスの一部もしくは全部の利用を一時中断、または一時停止できる。

(1)本サービス提供に必要な設備の保守点検等を、定期的または緊急に行う場合
(2)本サービスの提供のために必要な設備に故障等が生じた場合
(3)災害その他不可抗力により本サービスの提供が困難となった場合
(4)その他、本サービスを提供できない合理的な理由が生じた場合

2.本サービスの一時中断、一時停止に関して、当社は利用者その他いかなるものに対しても、いかなる責任も負わないものとする。

3.当社は、利用者に対する一定の予告期間をもって、本サービスの提供を終了することができる。この場合、当社は利用者その他いかなるものに対しても、いかなる責任も負わないものとする。

第9条(利用停止)
当社は、利用者が次のいずれかに該当する場合、または該当する恐れがあると認めた場合、当該利用者に対して事前に何ら通知することなく、本サービスの利用停止を行うことがある。

(1)利用者に本規約に違反する行為があったと当社が判断した場合
(2)本サービスの運営を妨害し、もしくは当社の名誉を毀損した場合
(3)その他、利用者として当社が不適切と判断した場合

 

第10条(当社による契約解除)
当社は、第9条の規定により本サービスの利用を停止された利用者がなおその事実を解消しない場合、本サービス利用契約を解除することがある。

 

第4章 料金等
 

第11条(利用料金の支払い義務)
利用者は、受講に必要となるチケット料を、当社が別途規定した料金に従い支払うものとする。

第12条(支払方法)
利用料金の課金方法及び金額は、当社が別途定めるところによる。

第5章 利用者情報の取り扱い

 

第13条(利用者個人情報の取得)
当社は、利用者により本サービスの申し込みに当たって提供される利用者の個人情報及び当社が本サービスの提供に関連して 知りえた利用者の個人に関する情報を取得できるものとし、利用者はこれに同意するものとする。

第14条(個人情報の保護)
当社は、個人情報の保護に配慮する。本条に定めるほか、当社のホームページに掲載されるプライバシーポリシーに記載するとおりとする。

第6章 その他
 

第15条(免責)
1.当社は、本利用規約に特段の定めのない限り、本規約に基づく本サービスの一時停止もしくは廃止、サービス利用規約の変更、一時停止または契約解除により利用者が被った損害に対していかなる責めも負わない。

2.当社は、本サービスの利用に関して、当社が利用者に対し損害賠償責任を負う場合、その範囲は、当該利用者に現実に発生した通常損害の範囲に限られる。

3.当社は、本サービスにより提供される情報に関して、その完全性、正確性、有用性等に関するいかなる保証も行わない。

 

第16条(禁止事項)
利用者は、本サービスを利用するにあたり、次の各号で定める行為を行ってはならない。

(1)利用者以外の第三者に対しコンテンツをコピー・頒布する等、著作権または著作隣接権等を侵害する恐れのある行為
(2)本サービスにより利用しうる情報の修正、翻訳、変更、改ざん、その他の改変行為
(3)本サービスの運営を妨げるような行為
(4)法令及び公序良俗に反する行為
(5)当社、他の会員または第三者の名誉、人格若しくは信用等を毀損する行為

第17条(サービスに関する権利の帰属)
本サービスにおいて当社が提供する各種情報や音声ファイル、画像等すべての著作権は当社または第三者に帰属する。

 

第18条(準拠法・管轄)
本利用規約は日本国法により解釈され、利用者は、本規約から生じるすべての紛争等については、東京地方裁判所を第一審の専属的裁判所とする。